助産師と看護師にはどういった違いがあるの?

助産師にしかできないことって?

助産師と看護師にはどういった違いがあるの?

助産師資格の取得には、看護師資格を保持していることが前提条件となりますが、この2つの資格の違いはどのようなものなのでしょうか?看護師と助産師の違いは、資格自体だけでなく、携わる業務に明確な違いがあります。

簡潔にまとめると、看護師が怪我や病気に苦しむ患者さんの看護や介助に携わるのに対して、助産師は文字通り、妊婦に対する助産行為に携わる仕事です。

資格に注目して考えると、助産師は看護師資格も取得しているため、総合病院の産科などでは、看護師と同等の業務を行うことが可能です。このことから、助産師の仕事は「看護師の業務+助産行為」というイメージをお持ちの方も多いことでしょう。

しかしながら、産院や助産院などにおいて助産師が看護師業務を行うことは少なく、助産師としての業務に集中している場合がほとんどです。助産師が看護師業務を兼任するのは、総合病院の産科などに限ったことと考えて良いでしょう。

また、助産師の勤務先というと「産院・助産院・総合病院の産科」などを思い浮かべると思いますが、最近では学校や行政施設などで働く助産師も少なくありません。このように、様々な分野や勤務先で働くことができるという点で考えると、助産師と看護師は共通していると言えるかもしれません。

このように、明確な違いがありながら共通する部分も多い助産師と看護師ですが、似ている部分・共通する部分があるからこそ、転職の際には気をつけなければならないポイントがあります。

例えば「看護師として培った技術や知識を活かして、助産師として活躍したい」という場合であれば、総合病院の産科などが適した職場となりますが、「助産師の業務を専門に行っていきたい」という方の場合は、看護師業務を兼任することが多い総合病院の産科はミスマッチとなります。

そのため、助産師として「自分に適した職場」を選択するには、勤務先の業務内容や実態をしっかりとチェックした上で、求人を選ぶことが必要となります。とはいえ、求人から病院や産院・助産院の業務実態を掴むのって難しいですよね。

そういった時に利用したいのが、転職支援サービスです。これらのサービスでは、求人を出している病院や産院などの詳しい情報を提供してもらうこともできますし、看護師から助産師へ転身する際に、アドバイスやサポートを受けられます。これらのサービスを上手に活用して、助産師としての転職を成功させて下さいね。