助産師求人サイトで待遇・給料アップ!

助産師求人サイトで気になる待遇や給料をしっかりチェック!

助産師求人サイトで待遇・給料アップ!



医療に携わる職業といっても、待遇や年収は各職業によって違ってきます。中でも、医師と同様の助産行為を許されている、助産師の待遇や年収はどのような内容となっているのでしょうか。詳しく解説していくことにしましょう。
http://xn--vek580gkwcyvpk9qvfmektwl0a.com/

勤務する地域の物価や、勤務先によっても変わってきますが、助産師の初任給は大体26万円前後、ボーナスで130万円前後となっているケースが多いようです。

そのため、年収500万円前後と、高めの給料設定であることがほとんどだといえます。年収500万円前後となると、医療関連の職業の中でも大変高額な年収だといえますが、助産師という仕事は、それだけ専門性が高く責任のある職業だといえるでしょう。

ただし、仕事の内容が大変ハードであり、場合によってはかなり体力を必要とするケースもあることから、割に合わない仕事だと感じる助産師もいるようです。

ちなみに、助産師になるためには、まず看護師の資格を取得しなければなりません。その上で、更に助産師に関する専門的な教育を受け、助産師の国家試験に合格しなければならないのです。 そのため、現在、助産師として活躍している人の平均年齢は高くなっており、看護師としての経験を積んでから助産師になっている人が多いといえます。

尚、近年は助産院が減少していることから、産婦人科などで勤務する助産師が多いようです。とはいえ、特に地方都市などでは、産婦人科自体が廃院してしまうケースが増加していますので、助産師が活躍する場所が限られてきているのが現状です。

ですから、妊娠している多くの女性が、安心して出産できる場を求めているといえます。助産師は、独立して開業することができる職業ですので、今後助産師が活躍していくということを考えると、産婦人科の数が増えることを待つよりも、開業することが近道だといえそうです。もちろんいきなり開業するのは難しいので、将来開業することを見据えた求人先を助産師転職サイトを通じて探すのがよいでしょう。

助産師が自分で開業した場合は、年収が500万円以上となることも珍しくはないため、より仕事に対してやりがいと求め、納得のいく収入を得ていきたいということであれば、独立するもの1つの方法です。

助産師が転職で履歴書を書く際の注意点は?

助産師の方の転職の際に大きなポイントになるのが履歴書です。履歴書はあなたのこれまでの経歴やどんな仕事をしてきたのか、 志望動機や自己PRなどを一目で分かりやすく把握できるという書類です。

比較的多くの方が書いた事があると思いますが、転職活動 などでいざ久々に書こうと思うと、どのように書いて良いか分からないという事もあります。書いたものが良いものなのか不安になる事もあります。効果的な履歴書の書き方を把握しておくと、転職活動を有利に勧められる事にも繋がります。

履歴書のポイントはまずは丁寧な字で省略せずに書くという事です。履歴書は採用して頂く職場に提出する書類なので、雑な 書き方をしていると入りたい気持ちが薄いのではと思われてしまいます。なるべく丁寧な字で、株式会社などの言葉も省略 せずに書いていきましょう。

また、修正がある場合は新たに書き直すのが基本になります。面倒ではありますが慎重に書いて いくようにすると一度で済ませられるので気をつけましょう。

履歴書で大きなポイントになるのが自己PRと志望動機の欄です。面接でも伝える事になる事が多いですが、履歴書には要点を まとめて書いておきましょう。なるべく面接官の方が深く聞きたくなるようなポイントを入れておくと効果的です。

その話を きっかけにしてあなたのアピールもする事ができますし、面接官の方も興味を持って聞いてくれます。志望動機と自己PRの 欄はなるべく広くスペースがあるものを使用する事をお勧めします。より多くのアピールができます。

また、自分一人で書いていると履歴書が良いものなのかどうか分からないという方もいると思います。そうした方は転職サイトの 履歴書の添削サービスを使うのがお勧めです。転職活動での履歴書の書き方が分からないという方のために、転職サイトに登録 すると担当の転職アドバイザーの方が履歴書の書き方などのアドバイスを行ってくれます。

また、書き終わった履歴書はもっと こうした方が良いというアドバイスをもらえるため、それに従って修正すればより効果的な履歴書を作る事ができます。

助産師の方の自己PRのポイント

助産師の方が転職を検討する際にポイントになるのが自己PRです。自己PRは助産師に限らず、どの職種でも大切になる ポイントです。自己PRはあなたの強みや職場で生かせる能力などをアピールしますが、伝え方にはポイントがあります。

面接の際の自己PRのポイントのまず一つめは、自己分析を行っておくという事です。自己分析は新卒の際の就職活動で 行った事がある方も多いと思いますが、転職の際には再度行っておく事をお勧めします。

転職を検討するという事はあなたの周りの環境も心理的な状況も新卒の頃とは大きく変わっている方も多いです。そうした 今の状況に合わせた自己分析をする事で、転職先を選ぶのに役立てる事ができます。

今のあなたがどういった仕事をしたい のか、助産師として理想のイメージを持っているのか、これだけは他の方に負けないという点はあるのかという事を自分に 問いかけて考える事で自己分析をする事ができます。なるべくまとまった時間を取って行うのがお勧めです。

こうして出た答えを元に、自己PRを考えていきます。自己PRは何でもアピールになりそうなものは話せば良いという訳では なく、その職場で役に立ちそうなスキルや能力をアピールしていくと良いでしょう。

例えば助産師の方であれば、人見知り なくすぐにどんな方とも打ち解けられるというのは大きなメリットになります。スノーボードが好きで体力があるという 答もあなたの人柄が分かり、かつ体力があるというのも納得できる良い答です。

こうしてアピールできるポイントを洗い出したら、今度は端的に話せるようにもしておくと良いでしょう。よく1分や3分 などで自己PRをしてくださいという形で求められますが、とっさに話そうとしてもあまり上手く話せない事もよくあり ます。

あらかじめこうした準備をしておく事で準備しておいた通りに話せば良いので、心の余裕を作る事ができます。また、 フレーズを一つ一つ覚えるよりは自己分析をしっかりと行えば土台ができ、後は比較的アドリブでも言葉が出てきます。